成年後見人は、親族(父、または母)が、たとえ高齢でも元気なうちに家庭裁判所に申し立て手続きを取られた方がベターです。そして、親族を支える後見人として、みきの会が複数後見人としてお手伝いいたします。

成年後見人の職務には、「財産管理」と「身上監護」があります。

「財産管理」とは成人した知的障害者本人に代わって本人の所有財産の管理を行います。財産を維持する事だけでなく処分することも含まれており、その内容は日常生活の金銭管理から重要財産の処分まで多岐にわたります。
・預貯金通帳、印鑑の管理
・収支の管理(年金・給料の受取、公共料金、税金の支払、など)
・不動産の管理、処分
・貸地、貸家の管理
・遺産分割など
「身上監護」とは本人の生活や健康に配慮し、安心した生活が送れるように身上に関する契約などを行います。
・本人の状況に変化がないか定期的に訪問し生活状況を確認
・本人の住居の確保に関する契約の締結、費用の支払い
・健康診断の受診・治療・入院等に対する契約の締結、費用の支払い
・福祉施設の入退所に関する契約の締結、費用の支払い
・教育・リハビリに関する契約の締結、費用の支払い
・その他日常生活のさまざまな福祉サービスに関する契約の締結や費用の支払い、履行の監視、契約の解除など
(注)家庭裁判所は、上記の財産管理、身上監護の他に成年後見人に対して、定期的あるいは随時、後見事務に関する報告を求め、場合によっては指示を出すことがあります。

後見人の仕事の分担
みきの会は、財産管理と身上監護の両方を行う事も出来ますが、財産管理は、財産の事情に詳しい親族が行うことが、安心でベターと考えます。
身上監護はみきの会が行うことにより、長期にわたって安定したきめ細かな後見業務が出来ます。なぜなら、みきの会の運営者は、自身の子供が知的障害者で普段面倒を見ていますので、いわば専門家であり、知的障害者について熟知しているからであり、また、法人で行うことによって担当者が代わってもみきの会の同じ専門家が引き継いでいくことができるからです。
更に、いろいろな職歴や経験を持つスタッフや専門家の協力により、よりふさわしい支援が出来ます。
そして、財産管理の後見人と身上監護の後見人同士でチェック機能が働きますので安心です。






.