成年後見制度とは、成人した知的障害者の判断能力が精神上の障害により、不十分な場合に本人を法律的に保護し支える制度であり、「後見」「補佐」「補助」の3つの制度があります。このうち、みきの会が主として行っている「後見」とは、本人が一人で日常生活を送ることは不可能で、また一人では財産管理が出来ないというように、本人の判断能力が極めて不十分な場合に適した制度です。

法務省:成年後見制度


「後見」を行う場合、申立書をもとに家庭裁判所が後見開始の審判をするとともに、本人を援助する人として成年後見人を選任します。成年後見人は、本人の財産管理や身上監護など本人に代わって、様々な契約を結ぶ等して、本人が日常生活に困らないよう十分に配慮していかなければなりません。


みきの会は、家庭裁判所に申し立ての手続きをするためのお手伝いを、実際の申請書を使用して説明し、質問を受け解決して作成してもらいます。


そのための勉強会を、定期的に行っています。(現時点では、東京都練馬区の勤労福祉会館や関区民センター、石神井公園区民交流センター等で行っています。開催日は、ホームページでもお知らせしています。)





.